イベントレポート 詳細

【イベント】

【レポート】ちゃっとランド - 第173回「岩手って、最高!~外国人から見た岩手トーク~」

[主催:(公財)岩手県国際交流協会]

2014年09月06日(土) 14:00~16:00 /場所:アイーナ6階 団体活動室1

■概要

 □タイトル: ちゃっとランド -第173回「岩手って、最高!~外国人から見た岩手トーク~」
 □日時: 平成26年9月6日(土) 14:00~16:00
 □場所: アイーナ6階 団体活動室1
 □講師: 

キャスリン・アカサカさん、チャロエンミン・ニティさん、吉田グラディスさん、ガブリエル・モコンデさん
 □参加者数: 42人 

■レポート

140915-chat-1.jpg 140915-chat-2.jpg 140915-chat-3.jpg 
140915-chat-4.jpg 140915-chat-5.jpg 140915-chat-6.jpg 

 9月6日(土)に、第173回外国人との交流会「ちゃっとランド」が開催されました。今回のテーマは「岩手って、最高!~外国人から見た岩手トーク~」。県内在住の外国人ゲストのかた4名をお招きし、今回はいつもとは一味違った「座談会形式」のちゃっとランドでした。

 今回、ゲストにお呼びしたのは、アメリカ・オハイオ州出身で盛岡白百合学園ALTのキャスリン・アカサカさん(滞在歴20年)、タイ・バンコク出身で岩手大学留学生のチャロエンミン・ニティさん(滞在歴1年半)、コロンビア・ボゴタ出身でスペイン語教師の吉田グラディスさん(滞在歴20年)、タンザニア・ドドマ出身で岩手医科大学研究員のガブリエル・モコンデさん(滞在歴2年)の4名です。北米、南米、アジア、アフリカの皆さまが揃いました。

 ゲストのみなさんには、「日本/岩手に来たきっかけ」「日本/岩手に来る前と来た後のギャップ」「日本/岩手の魅力」という3つのテーマについて、それぞれお話をしていただきました。
(以下は、ゲストのみなさんのお話の要約です。)

★キャスリンさん★
―岩手に来たきっかけは…?
 「JETプログラム(「語学指導等を行う外国青年招致事業」)で日本に来ることを選び、
 そして最初の赴任地が遠野だったから。」
―岩手に来る前と来た後のイメージのギャップはありましたか。
 「私が来日した20年前には、インターネットも普及しておらず、東京、大阪、京都など
 の観光資料はあったけれど、東北のものはなかったから、東北のイメージがわからなか
 った。東京で研修を終えた後遠野に来たが、ハイテクだと思っていた日本でファンヒー
 ターやくみ取り式のトイレを見てとても驚いた。」
―岩手の魅力は何だと思いますか。
 「伝統をとても大切にする気持ちが素晴らしいと思う。」

★ニティさん★
―岩手に来たきっかけは…?
 「ずっと日本に留学したいと思っていた。そのとき、タイで日本の大学説明会が開催さ
 れ、そこでタイ人の先輩が『岩手大学』や『岩手』について、たくさん紹介してくれた。
 そのおかげで、『岩手』に興味を持ち留学先に決めた。」

―岩手に来る前と来た後のイメージのギャップはありましたか。
 「日本人は、時間もきちんと守るし仕事もまじめに取り組む。『日本人は厳しい』とは
 知っていたが、それがもっと『厳しい』ものだと、アルバイトをしたときに感じた。」

―岩手の魅力は何だと思いますか。
 「景色も空気もきれい。自転車でどこでも行けるのがいいと思う。」

★グラディスさん★
―岩手に来たきっかけは…?
 「コロンビアで旦那と出会い、結婚して盛岡に来た。盛岡は、旦那の実家があるから。」

―岩手に来る前と来た後のイメージのギャップはありましたか。
 「日本人はみんな空手ができると思っていた。街を歩けば、空手教室がたくさん見つか
 るものだと思っていた。」

―岩手の魅力は何だと思いますか。
 「安心できるところ。自然災害も少ないし、治安もいい。とても安全なので、安心して
 暮らせる。」

★ガブリエルさん★
―岩手にきたきっかけは…?
 「私もドドマでは医学を教えているので、先進国の医療を学んで来いという教授の意向
 から。そして岩手に来たのは、ドドマの大学の教授と、岩手医科大学の教授が知り合い
 だったから。その繋がりで。」

―岩手に来る前と来た後のイメージのギャップはありましたか。
 「日本人は怖い人々だと思っていた。タンザニアのテレビでは、よくサムライが人を切
 る姿や刀を振り回している姿を見ていたから。でも日本に来て、日本人はとても親切だ
 と分かった。そして、ハイテクとは知っていたけど、日本は本当にすごかった。新幹線
 に乗ったときは、感動した。」

―岩手の魅力は何だと思いますか。
 「私は山や温泉が好き。自国にいたころ、キリマンジャロは高すぎて、山に登ろうなど
 と思うことがなかった。岩手山に登ったとき、初めて家や人などが小さくなっていくの
 を見ることができた。岩手山が近くにあったから、私はそのような体験ができた。」

 みなさん、様々な縁があって、この岩手にいらっしゃるのですね。
 そして、とても興味深いお話をたくさん聞かせてくださいました。私たちが普段当たり前に思っていることが、当たり前ではないということを気づかされますね。

 その後、参加者の皆さまからの質問コーナー!多くの方が積極的に質問してくださいました。
 詳しい内容は、スタッフ日記にてお伝えいたします。

 その後は、お菓子やお茶を食べつつ飲みつつ、ゲストの方との交流会でした。
 今回は、アメリカのポップコーン、タイのココナッツ味の焼き菓子(トンムアン)、キリマンジャロ(タンザニアのコーヒー)、コロンビアのコーヒーをご用意いたしました。コーヒーの飲み比べはいかがでしたでしょうか?
 交流会では、参加者の皆さまとゲストの方々の楽しくお話をされている姿が、多く見られました。

 ゲストの皆さま、参加者の皆さま、どうもありがとうございました。

■お知らせ
 スタッフ日記には、今回のちゃっとの裏話などを掲載しています。ご覧ください!

 次回のちゃっとランドは、10月5日(日) 11:00~12:30 アイーナ5階 国際交流センター内にて行います。ただいま、参加受付中です。
 次回のテーマは、「写真で見る カナダとアメリカ!」。カナダ出身のジェイソン・ヒルさんと、アメリカ出身のウィリアム・デービット・ウッズさんによる、写真を使っての国紹介を行います。
 同センター内では、海外に関連のある物のフリーマーケット「インターナショナルバザー」も同時開催しております。
 アイーナ復興バザーと同日開催です!ぜひご参加ください。


■報告日: 2014年9月15日
■報告者: スタッフ 石崎