イベントレポート 詳細

【イベント】

【レポート】外国人との交流会 「これであなたもアイルランドマスター!」

[主催:(公財)岩手県国際交流協会]

2015年04月23日(木) 30日(木)、5月7日(木)、14日(木) /場所:アイーナ5階国際交流センター内ラウンジ

■概要

 □タイトル: 外国人との交流会 「これであなたもアイルランドマスター!」
 □日時: 

平成27年4月23日(木)、30日(木)、5月7日(木)、14日(木) 18:30~19:30
 □場所: アイーナ5階国際交流センター内ラウンジ
 □講師: 岩手県庁 国際交流員 イアン・サトル
 □参加者数: 第1回16人 第2回15人 第3回36人 第4回22人 

■レポート

150423_Irland_01.jpg 150423_Irland_02.jpg 
150423_Irland_03.jpg 150423_Irland_04.jpg 

☆①ゲール語を話してみよう!☆
2015年4月23日(木)に行われた、外国人との交流会「これであなたもアイルランドマスター!」の第1回の様子です。

第1回のテーマは「ゲール語を話してみよう!」
ゲストの岩手県国際交流員のイアン・サトルさんが、アイルランドの紹介、そしてゲール語の歴史等も交え、簡単な自己紹介を教えてくれました。

Dia dhuit!(ディア グイッチ)=こんにちは
Go raibh maith agat.(グ レヴ マッ アガト)=ありがとう

などなど。。。
参加者の皆さんも、英語とは響きの違うゲール語に興味津々の様子でした。
イアンさんに会ったときは、ぜひゲール語で話しかけてみてください!


〇②文学・映画〇
4月30日(木)に外国人との交流会「これであなたもアイルランドマスター!」が行なわれました。

第2回のテーマはアイルランド文学・映画でした。
まずはイアンさんよりアイルランドの有名な作家と作品の紹介がありました。
近代アイルランド文学の代表的な詩人ウィリアム・バトラー・イェーツや作家のジェイムズ・ジョイス!これらの作家を皆さまはご存じでしたか?(お恥ずかしながら私は1人も知りませんでした・・・。)

最後には、アイルランドの短編映画をみなさんと鑑賞しました。
タイトルは"Yu Ming Is Ainm Dom"
これはゲール語ですが、第1回のゲール語を話してみように参加された方はお分かりのはずです!

「~is ainm dom」は「私の名前は~です。」という意味になります。

映画の内容はアイルランドに移住することを決意した中国人の青年が現地での文化の違いや言語の壁に四苦八苦するというものです。
セリフも多くなく、英語も比較的簡単ですので、興味のある方は観てみて下さい!


☆③MUSIC LIVE☆
5月7日(木)に外国人との交流会「これであなたもアイルランドマスター!」第3回MUSIC LIVEが行われました。
予期しない多数の方々のご参加に前半バタバタとしてしまい申し訳ありませんでした。
ですが、ご参加ありがとうございました!

前半はイアンさんよりアイルランドの名曲の紹介がありました。
あの有名なロード・オブ・ザ・リングの曲やファイナルファンタジーの曲などどこかで聞いたことのある曲が数曲ありました。
とても陽気な曲ばかりでゴールデンウィーク明けでしたが楽しい夜だったのではないでしょうか?

後半は岩手大学ケルト音楽研究会の皆さんによる演奏会が行なわれました。
演奏が始まると参加者のみなさんも手拍子で参加し、大盛況でした。
演奏会は20分ほどの短い時間でしたが、多くの方に楽しんでいただけたと思います。


◆④飲食文化◆
5月14日(木)に外国人との交流会「これであなたもアイルランドマスター!」が行なわれました。
最終回となった第4回のテーマは”アイルランドの飲食文化”でした。

アイルランドの主食じゃがいもを使った日本とは一見違うアイリッシュ・スチューやBoxtyというじゃがいものパンケーキなどの料理や豚の血を使ったBlack Puddingの紹介などお腹が空いてくる写真ばかりでしたね。

次に飲み物に関して紹介されました。
炭酸のリンゴ酒のBULMERS IRISH CIDER(ブルマーズ・サイダー)、ミルクのようなリキュールのBAILEYS CREAM LIQUEUR(ベイリーズ・クリーム・リキュール)、味はカルーアミルクのようなかんじなんでしょうか?
アイルランドで有名なJAMESON'S IRISH WHISKEY(ジェムソン・ウィスキー)などいつかは試してみたいものがたくさんでした。

そしてアイルランドと言えば、ギネスビール!!
ギネスビールはアイルランドを代表する飲み物で、250年以上の歴史があります。
創業者は、Arthur Guinessという方だそうです。
缶でも瓶でも生でも楽しめるという事でお好きな方は多いのではないでしょうか?

アイルランドのパブではお酒は飲まない限り未成年も歓迎だそうです。
ですので、お酒だけではなくごはんもソフトドリンクも提供しています。誕生日会もパブでやることがあるそうですよ。

アイルランド最終回となりましたが、今回もたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。


■報告日: 2015年6月14日
■報告者: スタッフ 水本優子