岩手県国際交流協会

災害時サポート研修

主催: (公財)岩手県国際交流協会、共催: 釜石市

2016年12月10日(土)  ~2017年1月15日(日) / 場所: 盛岡、釜石

語学力生かして、外国人の方々を支援しませんか。
災害が起きた時、あまり日本語を理解できない外国人にとって、導いてくれるサポーターの方々の存在ほど頼りになるものはありません。
当研修会では、災害、災害時のコミュニケーション、多言語サポートについて実践的に学ぶ研修会をシリーズで行います。
外国人と関わりのある皆様、ぜひご参加ください。

 チラシはここをクリックしてください 


◇日時・会場及びテーマ・講師:

第1回 『災害を学ぶ』
 越野 修三 氏
 (防災危機管理アドバイザー、岩手大学地域防災研究センター客員教授)
  <盛岡会場>12月10日(土)14:00~16:00
  マリオス 5階第2会議室(盛岡市盛岡駅西通2-9-1)
  <釜石会場>12月11日(日)14:00~16:00
  釜石市民交流センター 大会議室(釜石市嬉石町1-7-8)

第2回 『災害時コミュニケーションを学ぶ』
 松岡 洋子 氏
 (岩手大学グローバル教育センター教授)
  <盛岡会場>12月18日(日)14:00~16:00
  アイーナ 研修室812(盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
  <釜石会場>12月17日(土)13:30~15:30
  青葉ビル 研修室1・2(釜石市大町3-8-3)

第3回 『多言語サポートを学ぶ』
 須藤 伸子 氏
 ((公財)仙台観光国際協会 国際化事業部国際化推進課課長)
  <盛岡会場>1月15日(日)14:00~16:30
  アイーナ 会議室501(盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
  <釜石会場>1月14日(土)13:30~16:00
  青葉ビル 研修室1・2(釜石市大町3-8-3)

【予定】  実践訓練 2月11日(土) 盛岡市内

※研修会の時間・会場が毎回異なっていますので、お確かめください。

◇対象:・災害時に外国人に対する通訳・翻訳支援する意思のある方
・災害時に外国人支援にかかわる機関の方
・外国人と接触する機会がある方 など。

◇申込方法:

所定の申込書(wordもしくはPDF)に必要事項をご記入のうえ、当協会あてメールもしくはFAX送信、または窓口へご持参のうえお申込みください。

〇 当研修会には、外国語が話せない方もご参加いただけます。
〇 当研修会と実践訓練にすべて参加された方で、日常会話程度以上の外国語(母語が外国語の方は日常会話程度以上の日本語)ができる方は、「災害時サポーター」に認定します。

■申込み・問合せ
(公財)岩手県国際交流協会
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
アイーナ5F 国際交流センター内
電話・メールでの問合せはこちら ⇒ お問い合わせ先
(※メールによるお申込みの場合は、内容に「災害時サポート研修」とお書き添えください。)