トップページ > 岩手県の国際交流関係団体(すべて) > 2. 国際協力 > 新ダーナの輪の会

■ 新ダーナの輪の会


団体名 新ダーナの輪の会  *ダーナとは布施を意味するパーリー語です。
外国語表記 (NEW)DAHNA NO WA
代表者名 会長 矢羽々 京子
事務局責任者事務局長 佐賀 明子
事務局住所〒020-0004 盛岡市山岸6-24-18 佐賀様方
TEL019-662-8639
FAX019-662-8639
ホームページ
Eメール 
設立年月日2014年4月1日 
設立目的岩手県雫石町出身のタイの僧侶、アチャン・カベサコ師が創立したタイのマーヤー・ゴータミー財団の青少年育成活動や社会活動を支援する。
主な対象国タイ王国
会費等年会費1,000円
会員数75名
刊行物新ダーナの輪の会会報
事業内容1.財団の活動の理解を進めるための研修や講演、公演や交流などの企画、推進
2.財団の活動を支援するための募金活動やイベントの企画、推進
3.広報活動のための情報収集及び情報の発信
4.文化交流や姉妹校交流の推進
5.その他、会の目的の達成に必要な事業
 (1)陸前高田で津波で父と祖母を失くした津波遺児への支援(県のいわて学び希望基金が受けられるよう、具体的に支援する)
 (2)日本語サポーター担当、タイのかけ橋になるため日本語留学に来ている財団職員の学費(全額)と生活支援
 H27には、10月~9月分学費690,000円支払済
 H28.9月には10月~3月分学費295,000円支払予定
 冬の生活支援110,000円支払予定
H28年度事業計画2015年
  4月 会報No.8 発行
  5月 タイ・フェスティバル訪問・激励 
  5月 アイーナ10周年記念イベント「わたしのにほんご」に参加
  9月 会報No.9 発行)
  11月 盛岡ふれあい広場ボランティア祭り参加
  11月 ワン・ワールド・フェスタ参加希望
  12月 会報No.10 発行
2016年
  3月 募金・基金の送金、タイの奨学生の合宿訪問、留学生タイに帰る
  4月 会報No.10 発行 津波遺児、小学校入学
県民へのメッセージ2014年6月に郷土出身のカベサコ師は還俗されましたが、善いことは続けましょう!支援を待っている子供たちがいるのだから、支援は継続しましょう!というタイの財団とダーナの輪の会の会員の強い声により、新ダーナの輪の会が誕生しました。小さなダーナ(布施)も集まれば、続ければ、大きな幸せの果実になります。多くの人が参加して、共に喜び合いましょう!

最終更新日:2016.7.29