トップページ > 岩手県の国際交流関係団体(すべて) > 7. 二国間交流 > 岩手・デンマーク友好協会

■ 岩手・デンマーク友好協会


団体名 岩手・デンマーク友好協会
英語表記 
代表者名 会長 岩城 徹 (いわき とおる)
事務局責任者事務局長 浅田 京子 (あさだ きょうこ)
事務局住所〒020-0114 盛岡市高松4-13-15 岩城徹方
TEL019-661-7914
FAX019-661-7914
設立年月日平成14年2月23日
設立目的岩手とデンマークの交流と友好の促進、デンマーク事情の普及、会員間の親睦を図ることを目的とする。
主な対象国デンマーク
会費等年 2,000円(家族会員は3,000円)
会員数50名
刊行物「デンマーク通信」 年3回発行(現在46号)
事業内容1.デンマークと交流と友好を深める活動
2.デンマーク事情の紹介、普及の活動
3.会員間の交流と親睦
4.会報の発行
5.その他
H29年度事業計画1.「デンマークを語る・聞く会」=「サロン」の開催 3回を予定。
2.デンマーク写真展・絵画展とミニ講演会の開催。(市町村国際交流協会との共催可能の場合)
3.デンマーク訪問
4.会報の発行(年3回発行予定)
5.年末会員交流会。
6.NPO 日本・デンマーク生活研究所に引き続き加入
7.その他、講演会・セミナーの開催・後援など。
県民へのメッセージ デンマークは、最近の国際比較で見ると、「汚職・腐敗の清潔度ランキング」で1位(日本20位)、「報道の自由度」3位(日本72位)、「年金の信頼度」で1位、国連の「幸福度ランキング」は2位(過去5回のうち、4回が1位)、「労働と生活のバランス」1位、子供の教育費のGDP比1位、「民主主度」1位(チューリッヒ大学)など、日本と』比べると格段の違いがあります。また、環境問題でも、レベルが高く、原発は1980年代に実験炉の段階で廃炉を決めています。
今では再生可能のエネルギーに力を入れており、風力発電、バイオマス、ゴミ利用の発電など積極的に取り組んでいます。
保育・幼稚園は必要によって公的施設に入所できるようになっています。教育は大学卒業まで授業料などが無料の他、大学などは1人約10万円の生活援助金が支給されます。
医療費は原則無料、高齢者福祉の面でも、介護保険なし、国民年金(掛金なし)で、介護付き住宅(1人当たり45平方メートル)に入居でき、小遣い銭が約3万円位残るようになっています。高齢者福祉の3原則として、「自己決定の原則」「継続性の原則」「残存能力の活用」が有名です。
税金が高いのでは?と云われますが、国の予算を見ても約75%ぐらいが生活に還元されるようになっており、明日を心配して「貯蓄」する必要が無いお国柄になっています。
このようなことが成り立つのも、民主主義の成熟度の高さがあり、選挙は日本の小選挙区制と違い、民意が完全に反映する比例制になっています。また、保護者代表や教師代表、案件によって児童代表も参加する学校理事会。高齢者に関わる案件は市議会で決める前に、選挙で選ばれた60歳以上の高齢者の代表による高齢者委員会に諮問する、などの「利用者民主主義」と云われる草の根の民主主義が発達しています。このような制度の基で汚職腐敗が世界一少ない、そして風通しの良い行政が行われています。
アンデルセン童話、子どもたちの玩具「レゴ」。そして陶磁器のロイヤル・コペンハーゲン、銀器の「ジョージ・ジェンセン」などのブランド品も有名です。街はいつも観光客で賑わっています。
こんなデンマークに関心のある方の入会をお待ちしております。

最終更新日:2017.8.16