トップページ > 岩手県の国際交流関係団体(すべて) > 8. 市町村・一般 > 川崎21世紀国際交流クラブ

■ 川崎21世紀国際交流クラブ


団体名 川崎21世紀国際交流クラブ
英語表記 Kawasaki 21seiki Kokusai Kouryuu Kurabu
代表者名 代表 佐藤 勇三
事務局責任者一関市役所川崎支所地域振興課 地域協働係長 小野寺 邦毅
事務局住所〒029-0202 一関市川崎町薄衣字諏訪前137
TEL0191-43-2111
FAX0191-43-2550
Eメールem-6-1-8-12.gif
設立年月日平成11年3月
設立目的地域で暮らす外国人の方々(主に外国人花嫁さん)の支援を通じ、異文化理解、多文化共生社会づくりの一助とする事を目的とします。
主な対象国特に定めないが主旨に賛同し各種活動に協調し参加出来る外国人
会費等賛助会員・生徒・会員共 年間2,000円
会員数会員30名・生徒30名
刊行物「クラブレター」及び活動スナップ写真集の発行(会員、賛助会員、家族へ配布)
事業内容1) 在住外国人の支援活動として「料理講習」や「各種交流事業」等の開催及び参加
2) 多文化共生、異文化理解のため他団体が主催する諸行事に積極的に参加する。
3) 地域の「国際理解を深めるため」地域社会事業にも積極的に参加、協力する。
4) その他・相談活動・会報(クラブレター)の発行
H29年度事業計画地域で生活している在住外国人の皆さんへの支援活動と地域住民との相互交流を通じ地域の「多文化共生社会づくり」に資する事業を積極的に行う。
そのため、在住外国人の皆さんを対象として各種交流事業等の開催及び参加協力、又近隣の国際交流団体が主催する各種事業への積極的な参加、その他在住外国人相互の「親睦交流会」等の開催、その他
県民へのメッセージ当一関地域内には、それぞれの国の文化や習慣を持った、たくさんの外国人の皆さんが生活しております。
地域の企業や事業所で、短期就労や地域に嫁ぎ生活する外国出身の皆さんが、家族のため地域のため、皆さんと同様一生懸命働き生活しています。
当クラブでは、その様な方々と地域住民が連携し、安心して暮らせる社会づくりを目指し活動しております。皆さんのご協力ご理解を宜しくお願いします。

最終更新日:2017.9.6