トップページ > 岩手県の国際交流関係団体(すべて) > 8. 市町村・一般 > 宮古市国際交流協会

■ 宮古市国際交流協会


団体名 宮古市国際交流協会
英語表記 Miyako International Association
代表者名 会長 後藤 康文 
事務局責任者事務局長 松浦 宏隆 
事務局住所〒027-0052 宮古市宮町一丁目1番80号
TEL0193-62-3534
FAX0193-62-7030
ホームページhttp://www.miyako-kokusai.com
Eメールem-6-1-8-38.gif
設立年月日平成28年7月26日
設立目的宮古市の自然、歴史、文化、産業、教育、医療等の特性を生かした幅広い国際交流・国際理解活動及び在住外国人の支援を推進することにより、市民の国際相互理解を深め、多文化共生社会の実現を目指すとともに、国際社会に対応した開かれた魅力あるまちづくりに寄与すること。
主な対象国
会費等・個人会員  年額  2,000円(学生は1,000円)
・団体会員  年額 10,000円
・法人会員  年額 10,000円
会員数26団体、35名(H29.3月末現在)
刊行物協会会報「Beyond the Horizon」(年4回発行)
事業内容(1)国際交流事業の企画及び推進
(2)国際理解に関する語学講座、ワークショップ、セミナー等の企画及び開催
(3)国際交流団体との連携及び情報交換
(4)国際交流及び国際理解に関する人材の育成
(5)国際交流及び国際理解に関する情報収集及び市民への提供
(6)国際交流及び国際理解に関する調査及び研究
(7)市内在住外国人に対する支援及び情報発信
(8)外国人観光客に対する誘客支援及び情報発信
(9)その他目的の達成に必要な事項に関すること。
H29年度事業計画①協会運営
 総会、理事会等会議の開催、会員(国際交流団体)、岩手県国際交流協会等の関係団体との連携、情報交換を行い、協会運営の基礎作りを行います。また、新規会員の加入を促進し、運営基盤の安定化を目指します。
 ○理事会を適宜開催するなど、円滑な事業進行の体制づくりを行います。
 ○通訳・翻訳データベースやボランティア登録制度の構築など、国際交流に関わる人材確保に努めます。
②国際交流・国際理解活動
 異文化交流を主体とし、外国の文化、習慣、言語を学ぶとともに、日本の伝統や、風習、習慣を伝えることにより相互の理解を深める活動を行います。
 ○外国人による外国人による外国文化や生活習慣・日本との違いを紹介する講習や教室(日常英会話講習・海外の郷土料理教室等)を開催します。
 ○日本人による伝統芸能(神楽、日本舞踊等)、日本武芸(空手、柔道、合気道等)の披露、講習を行います。
 ○海外都市との交流の窓口となります。
③在住外国人支援
 市内在住外国人の生活相談の受付、関係機関への相談の取次、研修会(日本語教室)の開催などの支援を行います。
 ○関係機関と連携し、実態把握に努めるほか、今後の在り方を検討します。
④インバウンド誘致
 外国人観光客受入れ体制の強化のほか、海外で開催されるエージェント商談会や物産展、外国人観光客向け国内イベントなどに参加し、宮古市への誘客宣伝を行います。
 ○外国人客への対応・もてなし向上のため、地域取組体制構築に向けた検討を始めます。
 ○日本政府観光局(JNTO)の外国人案内所カテゴリー2に認定された当協会のある宮古駅前総合観光案内所と連携し、最新の観光情報を発信します。
 ○海外における誘客宣伝を行います。
 ○首都圏で開催されるインバウンド向け観光イベントに参加します。
⑤情報収集・多言語情報発信
 市内・県内・国内の国際交流に関する動向を知るほか、市民に対して情報発信を行い、理解醸成を図ります。また、在住外国人、外国人観光客に向けた情報発信について、多言語で行うことにより、より生活しやすい、観光しやすい環境づくりを行います。
 ○各団体が行っている国際交流・国際理解に関する活動について調査し、協会との連携について検討します。
 ○SNSやHPを活用した情報提供を行います。
 ○生活情報や防災情報、イベント情報などを掲載した会報「Beyond the Horizon」を年4回程度発行します。
 ○毎週水曜日、みやこハーバーラジオの「多文化共生ラジオ(仮称)」を運営します。

最終更新日:2017.8.30