講座・教室

外国人とのコミュニケーション講座

主催:(公財)岩手県国際交流協会、後援:宮古市

2016年02月12日(金)  13:30~16:00 /場所:シートピアなあど 研修室 (宮古市)

土地勘もなく言葉も十分に通じない外国人観光客、さて、災害時にどのように対応しますか?

在住外国人数の増加とともに、国際結婚での在住のほか、技能実習生(研修生)や観光客など、外国人の多様化が進み、街中でも様々な外国人を見かけるようになりました。

自分の町に外国人が住むようになった時、戸惑うことがいろいろあります。その一つがコミュニケーション、言語の問題です。

今回は、「外国人とのコミュニケーション」をテーマに取り上げ、災害時など、すぐに外国人に何かを伝えなければならないことがあった時、通訳や翻訳などの言語に頼らないコミュニケーションの手法を学びます。

また、土地勘もなく、常識も共有していない様々な国の外国人が観光で訪れた時の災害時対応についても考えます。

◇対象 : 


宮古地域等の自治会役員及び民生委員等、各市町村の外国人と関わりがある部署の職員 (市民課、生活福祉課、市民税課、保健センター等) 観光関係、医療従事者等
◇日時 : 2016年2月12日(木) 13:30~16:00
◇場所 : シートピアなあど 研修室 (宮古市臨港通り1-20 tel 0193-71-3100)
◇講師 : 岩手大学グローバル教育センター教授 松岡洋子先生
      *他にゲストスピーカーとして、岩手県国際交流員、宮古在住の外国人、留学生等の在住外国人が参加します。
◇内容 : (1)岩手県の外国人の在住状況について
      (2)異文化についての知識 (習慣、価値観の違いについて)
      (3)町内会の異文化接触についての課題(ごみ処理方法の伝え方など)
      (4)外国人観光客の対応について

チラシを見るには ここ をクリック 

■申込・問合せ
(公財)岩手県国際交流協会
メール・電話での問合せはこちら ⇒ お問い合わせ先