講座・教室

日独交流150周年とこれからの日本とドイツ

主催:(公財)岩手県国際交流協会

2011年10月16日(日)  14:00~16:00 / 会場:アイーナ5階 501会議室

0006_0_bnr_glocal.gif

第3回 日独交流150周年とこれからの日本とドイツ

講師:ウヴェ・リヒタ 氏  /  岩手県立大学共通教育センター 教授

プロイセン(現ドイツ)の東方アジア遠征団が1860年江戸に到着し、翌61年に日本と修好・通商・航海条約を結びました。この条約はその後の長年にわたる両国の友好関係の礎となりました。 日独両国は、その歴史の中でさまざまな時期をくぐり抜け、互いに重要なパートナーとして、民主主義、人権、法の支配、市場経済といった共通の価値観を分か ち合っています。岩手県でもドイツのラインラント・プファルツ州と1999年に「協力と交流の目的に関する基本合意書」を取り交わし、研修生の受け入れな ど行ってき、金ヶ崎町や雫石町でも姉妹都市交流や派遣事業を実施してきました。日独交流150周年に当たり、これからの日独の展望を考えます。

□ 会場 : いわて県民情報交流センター(アイーナ)5階 501会議室
□ 期間 : 2011年10月16日(日)
□ 時間 : 14:00~16:00
□ 参加費 : 無料
□ 対象 : 高校生以上の方
□ 定員 : 50名
□ 申込 : 下記の問合せ先までお申込ください。


2011いわてグローカル・カレッジについては、こちらから。


■ お申込・問合せ
  公益財団法人 岩手県国際交流協会 (担当:川村)
  TEL 019-654-8900   FAX 019-654-8922
  Email web-info@iwate-ia.or.jp