講座・教室

平成30年度「持続可能な開発のための教育(ESD)セミナー」

主催:岩手県ユネスコ協会連盟

2018年09月01日(土)  10:00ー15:00 、場所:岩手県水産会館・5階大会議室 盛岡市内丸6-1

趣 旨
「持続可能な開発のための教育(ESD)」 は、 人類が将来世代にわたり恵み豊な生活を確保できるよう、 人類の活動に起因する現代社会における様々な問題を、 各人が自らの問題として主体的に 捉え、身近なところから取り組むことで、それらの問題の解決につながる価値観や行動等の変容をもたらし、持続可能な社会を実現していく ことを目指して行う学習 ・教育活動です。 持続可能な社会は、 学校、 市民、 企業、 行政など、社会の多様な主体による諸分野における世代を超えた取組の成果として実現されていくことが望まれますが、国連は2015年、 経済、 社会、環境の三側面を不可分なものとして調和させる統合的な世界的取組として「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択し、2030年までの「持続可能な開発目標 (SDGs)」 として17の目標と169のターゲットを世界に提示しています。 本年度のESDセミナーは県内各地における多様なESDの展開の拡大・深化に向けて、異文化理解の視点をも踏まえ、SDGsを体験的に学ぶワークショップを中心にESDの学びを深めたいと思います。

□日時:平成30年9月1日(土)10:00ー15:00
□会場:岩手県水産会館・5階大会議室 盛岡市内丸16-1(019-623-8141)
□主催:岩手県ユネスコ協会連盟
□共催:岩手県教育委員会(予定)
□後援:岩手県小・中・高等学校学長協会、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送局、テレビ岩手、めんこいテレビ、エフエム岩手、岩手日報社、盛岡タイム社(予定)
□内容:講話「SDGs提唱の背景と取り組みの現状」
    岩手ユネスコ協会連盟 会長 三田地 宣子
活動紹介「遠野ユネスコ協会におけるESDの取り組み」
遠野ユネスコ協会
ワークショップ「SDGsを体験的に学ぶ」
       いわて国際理解教育研究会事務局
       盛岡市立本宮小学校 教論 藤澤 議栄 氏
1)現在岩手の課題を考えてみる。
2)かだい解決に向けた行動計画を立てる。
3)課題とSDGsを関連づけてみる。
□日程:(9:30-10:30)受付
10:00 開会
10:00-10:40 講話:「SDGs提唱の背景と取り組みの現状」
10:40-11:10 活動紹介:「遠野ユネスコ協会におけるESDの取組」
11:20-12:10 ワークショップ:「SDGsを体験的に学ぶ1」
12:10-13:00 <昼食休憩>
13:00-15:00 ワークショップ:「SDGsを体験的に学ぶ2」
15:00 閉会
□参加者対象:1)県内各地ユネスコ協会会員
2)県内各地自治体職員(環境生活部局・教育委員会 等)
  3)県内各小・中・高等・特別支援学校の教員、PTA会員
4)県内各種団体・事業所職員
5)一般市民
□参加費:無料
□その他:主催者では当日の昼食注文は承りません。
各自会場付近の店を利用する等、適宜お摂りお願います。

□参加申込み方法:
各単位ユネスコ協会は協会内の参加会員を集約して、また、ユネスコ協会会員以外の方は個別に、
別紙平成30年度「持続可能な開発のための教育(ESD)セミナー」参加申込用紙に必要事項を記入の上、
下記事務局宛てに郵送またはFAXてお申込みください。

□参加申込み期限:平成30年8月20日(月)必着

■お問合せ
020-0023
盛岡市丸内10番1号
岩手県教育委員会生涯学習文化財課内
岩手県ユネスコ協会連盟
事務局長 佐々木 嘉直
TEL:019(626)6176
FAX:019(626)6179
佐々木自宅 016(641)0619
佐々木携帯 080-1817-9668