講座・教室

「国際協力」講演会 ―国際協力を通して私達の暮らしを考える―

主催: JICA帰国専門家岩手県連絡会

2011年12月10日(土)  15:00~17:00  / 場所: エスポワールいわて

JICA帰国専門家岩手県連絡会では、技術協力専門家として国際協力の経験がある2名の方とJICA職員による講演会を開催します。
一般公開の無料講演会ですので、皆様お誘い合わせのうえお気軽にお越しください。

□ 日時 : 12月10日(土) 15:00~17:00
□ 会場 : エスポワールいわて2階大ホール
    (住所:盛岡市中央通1-1-38  TEL: 019-623-6251)


■ お申込・問合せ
  JICA帰国専門家岩手県連絡会事務局 (大澤健司)
  TEL 019-621-6278  FAX 019-621-6278


□ 内容:
1.夫婦で二人三脚 ―JICA専門家として―

【講演1】 国際協力紀行 ―夫の立場と妻の立場―
 講師: 中村憲氏(若葉保育園副園長、第二若葉保育園事務主任兼務)

国際協力の仕事でフィジーに赴任。太平洋に浮かぶ小さな国々を支援する広域協力に携わり、猛烈に仕事にまい進する3年間。帰任し2ヶ月後、なんと妻がフィジーに赴任。随伴家族として、1歳と3歳の子どもをかかえ、途方に暮れる専業主夫・・・。


【講演2】 
 
途上国での仕事そして生活
 ―結婚・出産・子育を経て社会復帰するまでの奮闘記―
 講師: 中村祐美子氏(㈱ビンコーインターナショナル、国際部調査主任)

ラオスで就職。仕事中心の生活だった独身時代。2004年に結婚し長女を出産。
その直後、突然夫のフィジー派遣が決定。初めての子育てがフィジーで始まった。
食事、住居、幼稚園、全てが初めてのことだらけ。そんな中、念願の大学院留学を果たす途上国で働く女性として、母として、学生としての奮闘記が幕開けした。


2.国際協力の経験を国内貢献に活かす

【講演3】 日本の国際緊急援助と東日本大震災におけるJICAの取組
 講師: 秋山慎太郎氏
   (独立行政法人国際協力機構(JICA)東北支部復興支援ユニット)

近年、ハイチでの大地震、タイでの洪水災害、トルコでの地震、中米でのハリケーン災害など多くの自然災害が発生しています。
海外での災害において日本政府は国際緊急援助隊による支援を行っています。
2010年ハイチ大地震での経験を交えて写真とともに緊急援助隊についてご説明するとともに、海外において協力を行ってきたJICAの東日本大震災における取組をご紹介します。