その他

これからも東北とつながるために―支援の現場から見た被災地の今

主催: AAR Japan [難民を助ける会]

2013年03月09日(土)  13:00~15:30 /場所:プレスセンターホール(東京)

東日本大震災から2年報告会
AAR Japan [難民を助ける会]はこの2年間、岩手、宮城、福島で、特に困難な状況にある障害者の方々、原発事故んお英協会にある方々への支援を中心に活動を行ってきました。現地で活動を続けてきたスタッフが、様々な困難に立ち向かう被災地の方々の今の姿と、現在の活動のご報告をします。

【主な内容】
・もっとも支援から取り残されがちな障害者の今
  野際紗綾子(東北事務所長)
・いまだ15万人が故郷に帰れない―原発事故の影響下に暮らす人々の今
  横山恵久子(相馬事務所)、直江篤志(東京事務局福島担当)
・[特別報告] 被災地に笑顔と元気を届ける
  江戸家猫八さん

◇日 時 : 2013年3月9日(土) 13:00~15:30
◇場 所 : プレスセンターホール
       (東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10階)
◇参加費 : 無料
◇定 員 : 200名(先着順、要申込)
◇申込方法 : AARまで、FAX、電話、またはホームページからお申込みください。

■問合せ
AAR Japan 特定非営利活動法人 難民を助ける会
TEL:03-5423-4511  FAX:03-5423-4450
ホームページ www.aarjapan.gr.jp