講座・教室

岩手県立大学短期大学部・公開講座 Cultural Studies

主催: 岩手県立大学短期大学部

2012年06月02日(土)  ~6月23日(土) /場所: 岩手県立大学短期大学部アイーナキャンパス

~定員に達したため、受付は終了いたしました(平成24年4月24日)~


アメリカ文化と日本文化について、英語で講義するコース開講 (4月受付開始)

受講料 無料!!

□ 授業概要
その(1) -----
アメリカの食文化と言語(American English)の両面からアメリカ文化を説明する。歴史的また社会的バックグランドを踏まえ、それぞれの文化がいかに現在のアメリカ文化に影響を及ぼしているかを明らかにする。
その(2) -----
古代出雲の歴史的な意義、そして出雲のイメージについて講義する。古代国家も明治政府も出雲のイメージを自分の為に活かそうとしていた。現在の日本に残っているその影響は少なくない事を明らかにする。

□ 担当講師
(経験豊かなアメリカ人講師と日本史を新たな視線で見ようとするスウェーデン人講師が担当)
   クリスティン・リンスカウスキー (岩手県立大学短期大学部国際文化学科 教授)
   アンデス・カールキビスト (岩手県立大学短期大学部国際文化学科 講師)

□ 授業計画
第1回 6月2日(土)


13:00~14:30
岩手県立大学短期大学部アイーナキャンパス学習室1
アメリカの食文化(コロニアル・フーズから食品工業と他国料理まで)
第2回 6月9日(土)


13:00~14:30
岩手県立大学短期大学部アイーナキャンパス学習室1
アメリカ英語の発達(過去と将来、主な方言の影響とカラフルな表現
第3回 6月16日(土)


13:00~14:30
岩手県立大学短期大学部アイーナキャンパス学習室1
古代出雲とその意義(『出雲国風土記』と『古事記』の比較
第4回 6月23日(土)


13:00~14:30
岩手県立大学短期大学部アイーナキャンパス学習室1
明治時代に古代日本を探った2人の西洋人(ハーンとチェンバレン)

□ 申込期間: 2012年4月2日(月)~6月1日(金)
□ 申込方法: 電話かFAXで下記まで
※ 

名前・連絡先(住所と日中の電話番号、本講座を知った方法や受講理由等)を
お知らせください。
※ 定員(20名)に達した時点で締め切りとさせていただきます。お申し込みはお早めに。

■ 申込み・問合せ
岩手県立大学短期大学部事務室  ★詳細は こちら まで
TEL 019-694-2900(平日9:00~17:00)
FAX 019-694-2901