講座・教室

外国人の子ども・サポートの会  2018年度第3回公開研修会 「教科の日本語を学ぶ生徒のための数学教材と使い方」

主催:外国人の子ども・サポートの会

2019年01月20日(日)  午後1:00~午後4:30、場所:仙台国際センター 会議棟 交流コーナー 研修室

来日して中学校に編入した生徒は、日本語でのコミュニケーション力がつくとともに、教科学習にかかわる日本語を学び始めます。
限られた時間内では教科学習を通して日本語力をつけていく場合もあります。
今回は、数学の授業の日本語を理解するために作られた「中学数学学習用語集」について研修します。
午前の部では、午後の内容の導入として算数の内容から数学へのつながりを確認します。
午後の部では、「中学数学学習用語集」の作成者である講師に、教材作成の経緯、作成に至るまでの思い、教材の特徴、使い方、支援者がどのような工夫をすると、生徒にとってよりわかりやすく使いやすいかを話していただきます。
また、多文化共生センター東京のフリースクールについてもうかがいます。

 チラシはここをクリック! 

◇日時:1月20日(日)午後1:00~午後4:30(9:30受付開始)
◇会場:仙台国際センター 会議棟 1階 交流コーナー 研修室
◇講師:(午前) 田所希衣子氏   (外国人の子ども・サポートの会 代表)
    (午後) 枦木典子 氏   (多文化共生センター東京 代表理事)、 佐藤徳雄 氏   (たぶんかフリースクール荒川校 講師)
◇対象:外国人の子どもの日本語・教科学習のサポートに現在携わっている人、関心のある人、どなたでもご参加ください。
◇参加費:500円
◇申込:1月15日(火)までに郵送、FAX、E-mail でお申し込みください。


■お問い合わせ・お申し込み先:
外国人の子ども・サポートの会(田所)
〒981-3109 仙台市泉区鶴が丘4-9-7
TEL 090-2793-8899
TEL&FAX: 022-375-5639
E-mail: jets(●)sda.att.ne.jp
またはtadokoro12(●)yahoo.co.jp(●は@に変えてください。)