イベント

多文化共生・啓発セミナー

主催:岩手県国際交流協会

2019年11月19日(火)  13:30~15:30
盛岡地域交流センター(マリオス)18階 188会議室

日時:2019年11月19日(火)13:30~15:30
会場:盛岡地域交流センター(マリオス)18階 188会議室
定員:先着50名様
参加費:無料

 チラシはここをクリックしてください 


●第一部:13:30~14:10
報告:(公財)岩手県国際交流協会
①外国人労働者雇用実態調査 調査結果報告
②海外(ベトナム)調査報告
岩手県国際交流協会では、受入拡大が見込まれる外国人労働者の受入体制整備に向け、
県内企業2000社を対象とした書面調査及び県内で外国人労働者数として
最も多いベトナムでの送り出し国(機関)における技能実習生に対する事前研修
(日本語研修)等の実施状況調査の報告をいたします。

●第二部:14:10~15:30
講師:松岡 洋子 氏(岩手大学グローバル教育センター教授)
テーマ:外国人材の受入、ドイツと韓国の状況
日本より先行して外国人人材を受け入れているドイツと韓国の現状から、
外国人労働者を私たちが受け入れることについて、実例を学びながら考えます。

■申込み・問合せ
(公財)岩手県国際交流協会
お名前・ご所属・連絡先(またはメールアドレス)を下記までお知らせください。
アイーナ5F 国際交流センター内
Tel:019-654-8900 Fax:019-654-8922
メールでの問合せはこちら ⇒ お問い合わせ先