講座・教室

多文化な子どもたちの支援について考えるシンポジウム

主催:公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)

2019年02月16日(土)  13:30~16:00、場所:TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 ホール8B

【多文化な子どもたちの支援について考えるシンポジウム】 新たな外国人材の受け入れが決まるなか、多様な文化背景を持った人たちとどう共生型の社会を築いていくかが社会の大きな課題となっています。
すでに現在、宮城県内でも多くの外国籍児童生徒が学んでおり、そうした「多文化な子どもたち」を支えるため、学校内外でさまざまな取り組みが行われています。
このシンポジウムは、今後いっそう多様化する社会を支える人材ともなる、外国籍児童生徒のサポートについて考えるためのものです。ご関心のある方、ぜひご参加ください。

チラシはここをクリック!


◎日時:
2019年2月16日(土) 13:30~16:00
◎場所:
TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 ホール8B
(仙台市青葉区花京院1-2-15 ソララプラザ8階)
◎プログラム:
<講演>
「多文化な子どもたちの可能性を広げるために」
 講師 田所希衣子さん(外国人の子ども・サポートの会代表)
<県内のサポート事例の紹介>
・仙台観光国際協会(SenTIA) 堀野正浩さん
・国際都市仙台を支える市民の会(ICAS) 河田文子さん
・気仙沼市議会議員 村上伸子さん
・宮城県国際化協会(MIA)
コーディネート&コメント:
 市瀬智紀さん(宮城教育大学教員キャリア研究機構教授)
◎対象:
外国籍児童生徒の支援に関心のある方
◎定員:
60名
◎参加費:
無料(要申し込み)
◎主催:
公益財団法人宮城県国際化協会(MIA) 
■お申し込み
宮城県国際化協会(MIA)
TEL:022-275-3796
FAX:022-272-5063
メール:mail(〇)mia-miyagi.jp (〇を@に変えてください。)
お名前・お住まいの市町村・お電話番号・メールアドレス・ご所属の団体名をお知らせください。